HOME>ホットトピックス>高度不妊治療の具体的な方法と注意点について

方法について

体外受精とは、女性の卵子と男性の精子を体外に取り出し受精させ、出来た受精卵を女性の子宮へ戻し妊娠を目指すという不妊治療です。成功率は年齢によって差がありますが、およそ20~40パーセントと言われています。体外受精を成功させるカギは、医師の腕と培養士の腕です。卵子と精子を受精させ、それを培養し胚盤胞と呼ばれる成長段階まで育てるのには、高い技術が必要であり、胚盤胞まで成長できれば、子宮に戻したときの着床率も上がるためです。そして、横浜のクリニックには腕の良い医師や培養士がたくさんいるのでおすすめです。

まずは夫婦で検査を受けよう

横浜のクリニックで体外受精を行うためには、まずは夫婦でクリニックを受診し様々な検査を受ける必要があります。検査の結果によって、女性の体から卵子を取り出す採卵という手術の方法や、それに伴う注射などのスケジュールが変わってくるので、必ず夫婦で受けるようにしましょう。不妊治療は女性のみが行うものとイメージする人も多いですが、男性の協力も必要不可欠です。実際に精子に異常があって不妊であるカップルも多くいます。体外受精を成功させるためには、夫婦で情報は必ず共有し、男性は女性をしっかり支えてあげることが重要です。

広告募集中