どれぐらいのお金がかかるか

婦人体温計

様々な方法を試してみても子供がなかなかできない場合には、不妊治療をする方法もあります。横浜で不妊治療をする場合には、専門のところに行く必要があるでしょう。産婦人科の中でも、体外受精を専門的な行っているところもあります。実際に芸能人などでも、体外受精で子供を産んだ人も少なくありません。では、一体どれぐらいの費用になるのでしょうか。体外受精といっても、一回で終わる訳ではありませんが、半年ぐらい続けると仮定した場合100万円ぐらいのお金がかかってしまいます。そのため、それだけでかなりの金銭的な負担になるでしょう。1年以上続ける場合には、200万円ぐらいかかることになります。なぜこのようにお金がかかるかといえば、特殊な道具を使ってあるいは機械を使い採卵しなければならないからです。また、タイミングなどを考えていくとやはりそれぐらいのお金がかかってしまうものです。ただ、場所によってはもう少し安く受診することができるでしょう。

どのような種類が存在しているか

医者と看護師

横浜に住んでいる人が子供を作るといっても、いくつかの不妊治療の種類の中から選ぶ必要があります。不妊治療の中でも、タイミングを法と呼ばれる方法を利用すると比較的安く妊娠できるようになるでしょう。これは、排卵日を計算して、排卵日の二日ぐらい前から排卵日の間に毎日性行為を行うものです。この時、何度も行うのではなく、最大で6か月間を目安としています。おおむね6カ月間毎回排卵日を狙って性行為をしなければなかなか子供が生まれる可能性がないと判断できるからです。まずは、半年間のうちまずこの方法を試してみるのがよいでしょう。気軽な方法でしかもそこまで専門的な治療を必要としません。不妊治療の中でも、比較的人気がある方法ですのでたいていどこのクリニックや産婦人科でもできる手術方法の一つになります。次に、人工授精が考えられます。まず男性の精液を採取し、その中で動きがよいものを見定めます。そして動きがよいものを取り出して濃縮してから妊娠しやすいタイミングで子宮内に直接注入する方法です。このプロセス自体は、自然に妊娠する方法とたいして変わりがありません。そのため、比較的簡単の方法になりますが、それでも一回の人工授精で妊娠する確率はおよそ10パーセント程度とされています。1年続ければ、一回妊娠する計算になるといえるでしょう。少し金額は高くなりますが、体外受精や顕微鏡受精なども存在しています。体外受精に関しては、卵子と精子を同じ培養液の中に入れて培養させ自然に子宮に戻そう方法です。

広告募集中